千葉市議会議員(花見川区) 桜井たかし公式ホームページ

twitter

寄付について
桜井たかしブログ
桜井たかしfacebook

instagram

Instagram

#千葉市 #花見川区 #無所属2期目 #桜井たかし #千葉市議会 #みんなの党 #維新 #自民党 #立憲民主 #民主党 #公明党 #共産党 #市民ネット #筋を通す #矜持 無所属であること。その2なぜに無所属? 私は、議会の合意形成の一つとして、政党(=会派)の有意性は認めています。 しかし、国政や県政における政党(=会派)の有意性は、市政とは自ずから異なると思います。 労組などの既得権団体や政党のバックは、手厚い財政的支援(要はお金)、人的支援(要は動員・名簿)を意味します。強固な団体の支援を受けて、当選した議員は、今度は支援団体に恩返しするために働くのは当然でしょう。 しかし、基礎自治体の議員は、もっぱら支援団体や政党の顔色をうかがうのではなく、市民の利益に資するならば、たとえ支援団体や政党の意向に沿わなくても、独自の方針をとるべきです。 もっとも私は、そういった議員を見たことはありませんが、 市民に直結すること、それこそが市議としての核心ではないでしょうか? 私は、みんなの党の公認を得て初当選しました。 公認料はゼロ。 手本はなく、私は手さぐりで、選挙戦を闘いました。 かかった費用はおおむね70万円ほど。 お金をかけなくても闘えるという実感。 私の議員としての出自が、他の旧勢力出身の議員とは異なる所以です。 当時、国民のみんなの党への期待は大きく、私は上位当選を果たしました。 その後、千葉市議会では「みんなの党千葉市議団」を結成しました。 54議席中、たったの2人ですが。 特定の団体の支援は受けず、議員自ら身を削る覚悟をもって改革に当たる。 みんなの党も、維新も、そこには自己犠牲という一種の美学がありました。 しかし、みんなの党は国会議員の権力闘争により、消滅。 その後、所属した維新の党は、あろうことか、民主党と合併、民進党になってしまいました。 それまで、労組と民主党の癒着ぶりをさんざん批判していた、その舌の根も乾かないうちに。 理念をなくした政党や議員には、もはや存在する意味はありません。 それでも、私は、泥船と化したみんなの党も維新の党も解党まで、踏みとどまりました。 まず、一市議でも、党の方向性を糺すことができると考えたこと。 そして、より重要なことは、いったん有権者に対して掲げた旗を、そう簡単におろすことはできないと考えたからです。 それは、私の有権者に対する信義であり、通さなくてはならない筋でした。 国民の第3極への期待は、大きくしぼみ、みんなの党の解党まで踏みとどまった地方議員の 9割は落選しました。 私は辛うじて1議席を死守しました。 実は、無所属にしかできないことは結構多い。 当面は、ニッチを先取し、ありとあらゆる手法で職責を果たしています。 無所属でいることは、それ自体目的ではありませんし、別に気負うことではありません。 理念が合致する政党=会派があれば、そこに移ることもやぶさかではありませんが、 当面は、議会ではそういった政党=会派は見当たらないのが、実際のところです。 政党と組織票でガチガチの花見川10議席中、唯一の1議席を2期にわたって死守している立場を公言し、それが市民の信任を得ることができるのか? それこそ、今後の政党=会派を考える際の前提なのです。

#幕張 #幕張本郷 #子守神社 #子ども御輿 #花見川区 #猟師町 昔は町内を練り歩いた子ども神輿。 それが、あるとき、住民から「うるさい」とのクレームを受け、自粛に至りました。 そして、子ども神輿は、例祭の期間に、放課後の学校の校庭内だけで行う形として残りました。 それでも、神輿は神道だからNGだ、との声もあったようです。 もちろん、校庭内であっても、子ども神輿を続けていくことができたのは、学校側の理解と協力はもちろんのこと、町会や子供神輿を続けたいという住民の尽力があってのことと思います。 ただ、学校の校庭内だけではなく、地域の伝統行事として、町を練り歩くような子供神輿を再開したい、との強い思いは住民に受け継がれてきました。 今、新築住居のラッシュを迎えた幕張本郷地区。 代々幕張に住まれる方々と、新しく移り住んでこられた方々を一つにするのが、祭礼なのです。 フライングを経て、 ようやく、ようやく、正式に、昔からあった形で、子ども神輿が再開されました。 しかも、3か所、参加児童約300名。 そして、今年は2回目です。 学校の校庭内だけで、留まっていれば、子供たちにとっては、学校の延長線上の行事という思い出に留まってしまいます。そうではなく、綿々と受け継がれてきた地域の行事として、記憶してほしいのです。 子供の頃、神輿を担いだな、 楽しかったな、 もらえるお菓子が楽しみだったな、 怖そうなおっちゃんだったけど、担ぎ方を教えてくれる時は、優しかったな、 隣の町会から、振る舞われたかき氷は冷たくて甘かったな。 記憶を子供に残すこと、それは地域愛、郷土愛を育てることに繋がると思います。 そして、今度は彼らが、大人になったときに、子ども神輿を担うことになるでしょう。 その時は、地域愛や郷土愛も受け継がれるのです。 今回は、子どもも、もちろんですが、むしろ大人たちの方が、生き生きとして見えたのは、 彼らは子ども神輿を楽しんだ世代だったから?

前の記事 次の記事 ホーム #千葉市議会 #一票の格差 #花見川区 #無所属2期目 #桜井たかし #民主党 #公明党 定例会初日、公明党と民主党が発議第10号を提出しました。 その内容は、千葉市議会の議員定数50人は据え置きで、花見川区10議席から1議席を中央区に渡し、花見川区の定数を9人、中央区の定数を11人とするものです。 私は、一票の格差の本質的問題と民主的プロセスの欠如という2点から、この発議に反対しました。 1、一票の格差の本質的問題 花見川区と中央区では、花見川区が1.14倍となっています。 もし仮に、花見川区から中央区に1議席移すと、中央区と花見川区が逆転し、中央区が1.06倍となります。 確かに、差は縮まりますが、その差は0.08に過ぎません。 差は極力小さくすべきだすが、全ての区において、完全に1対1とすることは不可能である以上、僅差はやむを得ないと思います。また、人口は常に変動するものなので、その差も逆転することもあり得ます。 1.14倍という差が、許容できない程の差か、議論が必要だったのではと思います。 ちなみに、花見川区と緑区では、1.17倍の格差があります。 もし花見川区から1議席譲るのであれば、それは中央区ではなく、緑区の方が理に適います。 2、民主的プロセスの欠如について 千葉市議会は、平成26年7月1日に、議員定数54人を4削減、50人としました。 平成24年10月より平成26年6月まで1年7カ月かけて、丁寧な議論を重ねてきた結果です。 もちろん、改革協の議論は、市民にも開かれていました。 しかし、今回の花見川1削減中央1増案は、平成29年8月から、平成30年6月までの、10カ月と短い期間で発議されたものです。 そして、最も重要なことは、市民には全く公開されず、幹事長会議という密室で取り扱われてきた市民を遮断した議論だったということです。 私は、国勢調査の度に、区選出議員の定数を見直すことも一つの選択肢だと思います。 しかし、今回の議論はあまりにも早急な感が否めず、賛同できるものではありません。 (採決の結果、自民・共産・無所属VS公明・民主・市民ネットの構図となり、発議は否定されました。なお、人口は国勢調査に基づいております。)