Blog

ついに千葉県はパーキングパーミッドを導入

ついに千葉県はパーキングパーミッドを導入。身障者や難病者、高齢者要介護1の方、妊産婦、怪我をされた方が対象となります。お近くの保健福祉センターで利用書を受け取ることができます。当時は非常に消極的だった県も、千葉市など多くの県内市町村の要望に重い腰を上げました。
この制度によって、多くの方の不自由さが軽減されますように。
動画はH30年の議会質問の様子です。県の消極さが滲みでています(字幕付き)。

 

コロナワクチンの接種率を公開しました

ようやく千葉市も7月12日にコロナワクチンの接種率を公開しました。他の政令市では、すでにコロナワクチンの接種率を公開しております。接種率の公開は、自治体間競争を招くものではなく、政府の判断基準となるもので、速やかに公開すべきと要望してまいりました。

詳細は以下のリンクからご覧下さい。

https://www.city.chiba.jp/hokenfukushi/iryoeisei/seisaku/covid19-vaccine.html?fbclid=IwAR3eJpVo-w67NpESFIxdYHIQf_XuM9P-eqQE6XxZn_wXagmMl0616_eQ4Oo

七夕空襲

今から76年前、千葉市は米軍による空襲で甚大な被害を受けました。
私の母方は、千葉市新田町で被災しました。

当時はまだ幼かった母から七夕空襲のことは、よく聞かされました。

空襲は2回あったこと、
防空壕に間一髪で逃げ込んだ事
焼夷弾が花火のようだったこと、
南方に赴いていた祖父に恥じないようしつけられたこと

1500人余りの無辜の市民の生命を奪いさった七夕空襲。

ここに改めて戦渦に斃れた方々に哀悼の誠を捧げます。

通学路の安全(八街市の痛ましい事故を受けて)

八街市で発生した痛ましい事件。
千葉市は大丈夫なの?心配されている保護者も多いです。
本日7月5日、通学路の危険を懸念されている住民の方から要望がありましたので、現地を視察し、状況を把握いたしました。
私ども新会派=「自民党・無所属の会」は、まずは現場に足を運ぶことが最重要であると考えております。
他会派とも連携し、改善に努めます。

当日は、新会派=「自民党・無所属の会」から4名、「市民ネット」から1名、計5人の超党派で行った視察の様子がテレビでも放映されました。

以下がその内容です。

超党派の千葉市議団が小学校の「危険」通学路を視察(チバテレ) – Yahoo!ニュース
千葉市では、超党派の市議団が5日、学校側が危険だとして改善を求めている通学路の一部を視察しました。市議団が視察したのは、千葉市稲毛区にある市立稲丘小学校の通学路です。

 

ニュース動画は以下のURLからご覧ください。

超党派の千葉市議団が小学校の「危険」通学路を視察(チバテレ) – Yahoo!ニュース

 

 

ウイグル人等の自由・人権を抑圧する中国政府に対する意見書が可決されました。

私たち新会派「自民党・無所属の会」が提出したウイグル人等の自由を守る意見書が可決されました。ただ、今回は令和元年12月17日に全会一致で決議した「香港の自由」とは異なり、自民党千葉市議団と公明党の反対がありました。ここに会派による賛否と、意見書の内容をコピペします。

賛成
自民党・無所属の会(提出者)
立憲民主党、
共産党、
市民ネット
計 28名

反対
自民党千葉市議団、
公明党

計 20名

意見書の内容は下記のとおりです。

中国政府によるウイグル人など少数民族への抑圧や香港での人権侵害が続いている。国際連合人権理事会は、中国政府に対して人権活動家の拘束をやめることや、ウイグル人等の少数民族の権利を守ることを求める勧告を採択している。中国政府は国際連合安全保障理事会の常任理事国という責任ある地位を占めるのであれば、これらの勧告を初め、国際社会の声に真摯に耳を傾け、新疆ウイグル自治区の人権状況について透明性のある説明をすべきである。また、香港の「一国二制度」、「高度な自治」という約束を守り、その人権状況を早急に改善すべきである。
人権は普遍的価値であり、国際社会の正当な関心事項である。本市においては、基本構想の中で「人間尊重」を基本理念として掲げ人権を重視している。また、グローバルMICE都市として、積極的に国際会議や展示会等の誘致に取り組んでいる本市は、中国国内に2つの姉妹・友好都市を有するとともに、千葉市民が多く在留していることから、隣国での人権問題に関心と懸念を抱いている。
中国の人権侵害には、ともにG7を構成する国々が加盟する欧州議会や、米国議会等の取り組みに倣って、国連憲章と国際法の遵守を迫る国際世論を高め、外交的に包囲していくことが重要である。
よって、本市議会は国に対し、国際社会との連携の上、中国において、国際社会における普遍的価値である自由、基本的人権の尊重及び法の支配が保障されるよう働きかけることを強く求めるものである。
以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
令和3年6月23日
千 葉 市 議 会

 

大賀ハスが議会棟の前に展示してありました。

大賀ハスが議会棟の前に展示してありました。
大賀ハスは千葉市で発見された世界最古の花として、千葉県の天然記念物、千葉市の市花になっています。

1951年に花見川区朝日が丘町から発掘された3粒のハスの実。測定の結果、約2000年前のものと推定されました。このうち1粒が育ち、翌年には3つの蓮根ができ、千葉公園等へ植えられました。そして今では国内外200箇所に分根、栽培されているそうです。
なんだかロマンを感じますね🙂

 

中国のウイグル等少数民族の弾圧に強く抗議します。

令和元年12月17日、千葉市議会は香港の自由を全会一致で決議しました。中国政府によるウイグル人等に対する少数民族の弾圧もミャンマー軍政も非難するのが当然、でなければ千葉市議会は、整合性と良心を疑われるでしょう。人権は普遍的な価値であり、相手国が中国であれミャンマーであれ、地方議会が憂慮の声明を出すと内政干渉になるのでしょうか?
地方議員は、その自治体の市民生活の向上に尽くすのが最大の役目です。しかし、拉致問題やミサイル発射、国家的テロ攻撃、領海侵犯など市民生活を根底から崩すおそれがあるものの他、わが国と密接な関係のある国について、例えば中国政府による少数民族弾圧、香港市民の自由のはく奪、ミャンマー軍政などを
非難する決議、意見書等を可決することで、議会の意思を表明することもできるのです。政権与党が、自由主義陣営諸国や国連の理念とは真逆に、中国政府に対し、抗議をしなかったことは、その人権弾圧に加担したといっても過言ではありません。
由々しい人権問題に目を背け、強い者にただ屈したとしたら、私たちは子供や孫の代まで、負い目を負うことになると思わないのでしょうか?

すでに、中国政府に対し、ウイグル人等の少数民族の弾圧を非難する意見書が、多くの地方自治体では可決されています。私は千葉市議会も歩調を合わせるべきと思います。

新会派入り初の一般質問

先般の市長選挙で神谷俊一氏が当選され、市長に就任されました。この場をお借りして心よりお祝いを申し上げます。
さて、私が所属することになった新会派=「自由民主党・無所属の会」は市長与党でも野党でもありません。市長をトップとする執行部に対し常に是々非々を貫き、市民に資する政策であれば、全力で協力、そうでないものは全力で是正を求める。それこそが、二元代表制の一翼である議員の存在意義であると考えます。私たちはそれを実現するために、この3月に結集いたしました。
新会派は自民党議員と無所属議員の中で、市政改革と議会改革を強く標榜するメンバーにより構成されており、千葉市議会では、三番目の大きさの会派となります(自民12,立民12,公明8,自民・無所属8,共産6)。
この間、私は議員在籍10周年の表彰を受け、また当選以来初めてのポスト、常任委員会の委員長を拝命いたしました。
旧態依然とした市政と議会に鋭く斬りこんでまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

6月18日午後3時頃一般質問で登壇します

6月18日午後3時頃一般質問で登壇します。

内容は①コロナワクチンについて、②コロナ禍の大規模イベントについて、③職員の不祥事について、④周辺自治体との連携について、⑤花見川区の諸問題、幕張本郷のまちづくりについてです。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、しばらくの間、議会の傍聴については、できる限りお控えくださいますようお願いいたします。

議会傍聴はこちらでもご覧いただけます。

https://www.city.chiba.jp/shigikai/live-menu.html

 

桜井たかしYouTubeチャンネルのご紹介

私が数年来議会の発言に字幕を貼ってきた「桜井たかしチャンネル」のご紹介をさせていただきます。

 

桜井たかしチャンネル 動画一覧
https://www.youtube.com/user/takasisakurai/videos

 

※字幕を表示するには⚙マークの設定より日本語字幕をクリックしてください。

 

これからも政党や組織の代弁者ではなく、市民の代弁者として汗を流してまいります。

 

千葉県千葉市花見川区、桜井たかしのYouTubeチャンネルを宜しくお願いします。

https://www.youtube.com/user/takasisakurai/

千葉市は若葉区と花見川区に新たにコロナワクチンの集団接種会場を設置することになりました。

コロナワクチンの集団接種会場について、他の政令市は、全ての区に設置するなど、前向きな戦略を展開してきました。

しかし千葉市は中央コミュニティーの1か所のみ設置するという方針でした。

私の所属する新会派(改革派自民と改革派無所属による8名)としては、会場の増設はもちろん歯科医師によるワクチン接種は、以前から要望してきたところです。

今回、千葉市は若葉区と花見川区に新たに会場を設置することになりました。両区とも高齢化率の高い地域です。

ワクチン接種を望む方に、一刻も早く行き届きますことを願っております。

幕張本郷・花いっぱいプロジェクト2021年5月15日

幕張本郷を花のあふれる街にする活動【花いっぱいプロジェクト】2021年の第一回目を開催しました。

草むしりや花植えに取り組んでいただくボランティアさんと一緒に活動しております。

本日は暑い中お集まりいただき感謝しております。


一本松公園ではボランティアの方と多くのちびっ子たちもお手伝いしてくれました。

一本松公園のお花は私が植えたんだよ!と自慢するそうです。



一本松公園から幕張本郷ストリートに移り私の家族も合流。

お店の前が華やかになりました。

店舗の皆様ご協力ありがとうございます。


千葉市のコロナワクチンの最新情報

千葉市のコロナワクチンの最新情報を掲載いたします。
集団接種の予約枠の拡充などの記載があります。
コロナワクチンの情報は、日々変わっていきますので、HPなどのチェックが必要です。

詳細は以下のURL、または画像をクリックしてご確認ください。

https://www.city.chiba.jp/hokenfukushi/iryoeisei/seisaku/covid19-vaccine_mass-vaccination.html

 

5月1日に千葉市の新型コロナワクチン接種特集が発刊されました

5月1日に千葉市の新型コロナワクチン接種特集が、発刊されました。朝刊折り込みですが、各種公共施設や商業施設でも情報は入手できます。
公共施設等に配架→ 本庁舎(1F配架コーナー)・区役所、保健福祉センター、コミュニティセンター・市民センター、連絡所・保健所・市立青葉病院、海浜病院・公民館、図書館・生涯学習センター、南部青少年センター、科学館・いきいきプラザ・センター、あんしんケアセンター・社会福祉協議会
商業施設→・市内のイオン8店舗、イトーヨーカドー2店舗、そごう千葉店
デジタル媒体による周知→・市ホームページに掲載・SNS(ツイッター、フェイスブック、LINE)・ちばし安全・安心メール・ヤフー防災速報・町内自治会役員向けメールマガジン

 

詳細は以下のURL、または画像をクリックしてご覧下さい。

https://www.city.chiba.jp/hokenfukushi/iryoeisei/seisaku/covid19-vaccine.html

 

私たち自由民主党・無所属の会は、議員の職責を全し、市民のため最後の砦となります。

千葉市議会では、自民党改革派5人と私を含む無所属改革派3人による 「千葉市議会自由民主党・無所属の会」が新たに結成されました。本日、私は会派を代表して討論を行いました。ほぼオール与党化した議会において、市長をトップとする市執行部に対して是々非々を貫く勢力は健全な民主主義に不可欠と信じております。

新会派結成!

改めてこの場を借りて[千葉市議会自由民主党・無所属の会]結成のご報告をいたします。
市長選の影響で、自民党市議団17人から5人が離脱しました。
私は神谷市長の政策の8割には同意しております。ただ、残り2割りについては、議論を深め、よりよい方向に進めることができると考えており、それこそが、議会の役割と考えております。
しかしながら、現市長は自民多数派、立憲民主、公明、市民ネットの支援を受けています。いわゆるオール与党化した千葉市議会でそれができるのでしょうか。今こそ、市長に対して是々非々を貫き、市民の声を市政に反映させる市民本位の会派が必要です。この流れを強めるため、このグループに合流することを決しました。
新会派は自民党5人と無所属2人から構成されます。
ただ、私桜井はこのまま政党無所属を通します。それは有権者に対し無所属の旗を掲げてきたという筋を通すためでもあります。
自民党・無所属の会の無所属は、桜井のことです。
私は副幹事長を務めることとなります。今後ともよろしくお願いいたします。

土砂災害警戒区域の指定を受けている地区への中高層建築の許可申請

土砂災害警戒区域の指定を受けている地区に中高層建築の許可申請がなされました。
私は住民の依頼を受け、オブザーバーとして市担当部局に同席してもらい 事業者と住民の間を調停・あっせんしました。
通常は、大企業が相手で建築条件を変更させるのは難しいと思われますが、根気強く話し合いを続けたことで、事業者は建物の高さを5階から4階に下げ、既存の擁壁をアースアンカーで補強することに同意しました。
3,11などもあり、経年劣化も考えられます。土砂災害警戒区域の指定をしておきながら、県・市で行っている急傾斜地崩壊の対策事業の対象とはなりません。区画整理時にコンクリートで固められており、行政は自然林しか対応しないからです。しかし、事業者はCSR(企業の社会的責任)の見地から擁壁の補修に同意いたしました。

 

 

学校支援地域本部の設立

私は、元々教育の仕事と接点はありませんでした。しかし、転職の間にたまたま教壇に立ち、教えることに没頭し、あっという間に10年が過ぎてしまいました。
考えてみれば、私の10代は決して幸福とはいえるものではありませんでした。もし、親や教師以外で、私に理解を示し、自尊心を保てるような接し方をしてくれる大人がいたら、また違った道を歩んでいたかもしれません。

私のやりたかったことはこれだ、と気づきました。
教育の制度は、国ではなく、地方自治体で変えることができる(地方自治法・・条)。だから市議になり、教育改革をする。

例えば、学校支援地域本部という制度があります。教師や親と子どもの関係は、縦の関係ですが。縦の柱だけで作られた家は、もろく崩れやすい。しかし、そこに斜めの柱(近所の高齢者、大学生のお兄さん、お姉さんなど)を入れることで、頑丈な家になるのです。

千葉市には、当初この制度はありませんでした。
しかし、私の質問(平成24年)により、モデル校として1校導入、現在26校まで増えております。

幕張本郷松波線の延伸

幕張東小学校前を通る市道は、狭いながらも幕張本郷地区から武石ICに抜けるときに必ず通る主要道路です。そのため大型車両が頻繁に往来し、歩行者にとって非常に危険な状態が続いています。幕張本郷松波線が開通すればこの危険を軽減できるのですが、区画整理地にあるため、徐々に進む周辺道路の整備に比べて、計画すらできないまま時間が過ぎていました。
私は市議会議員になってから7年間に渡り、この道路の開通を「整備の必要性に鑑み、また未来に向けた投資として、区画整理に先立ち早急に整備すべき」と、広聴会、議会で繰り返し主張してきました。区画整理担当の都市局のみならず、建設局にも掛け合うなど様々な角度からこの問題に取り組み、ついに平成30年2月、当局はこの道路の整備を目指すと明らかにしました。57年間微動だにしなかった岩盤にとうとう風穴が開いたのです。

 

若葉に新しい風が吹く

最近、若葉区内を疾走するグリーンの自転車を見かける。
乗っているのは山崎まさひこ。
32歳の若者
ウグイス嬢として付き添うのは、彼の妹、
山崎まり。
まさひこは市職員として、財政局、都市局を歴任し、市長から2回表彰されたまさに若手職員のホープだった。
しかし、市役所の縦割り社会の中では、
彼のビジョン、政策を実現するには、10年も20年も先になってしまうだろう。
彼は自問自答は繰り返した。
市民と直に接し、意見を市政に反映させる、
若葉区を活性化させ、
世界に通用する「若葉モデル」を創り上げる。
機を逸しては、地域資源に恵まれた若葉はピークアウトしていくだろう。
機は今だ。
政治の世界から、若葉区と千葉市を変える!
そして、彼は公務員という安定した地位を捨てた。
もし彼が議員になれば、その経歴は、現職議員の中では異色だ。
だからこそ、岩盤のような組織票があるところでは光ることだろう。
地盤、看板、鞄なし。しがらみゼロ。
それでも自転車をこぎ続ける。
そんな彼を見て、
若者が集まってきた。
仲間が増えてきた。
あたらしい風が吹く。
グリーン色の風がふく。
今度グリーンの自転車で疾走する山崎まさひこを見かけたら、思いっきり手を振ろうと思う。

旧態依然たる古い市政に戻すのか、市民とともに新しい市政に進むのか?

路上通行中の母と子は、子ども薬剤費、給食費無償化は未来への投資であることの主張に、ずっと耳を傾けてくれた。シニアのご夫婦は、市長報酬8割削減、ごみ無償化、PCR検査補助の主張に耳を傾けてくれた。私、花見川区10議席中唯一の無所属、無会派の桜井たかしは、小川としゆきの覚悟に強く共感した。そして、自民守旧派+立憲民主党+公明+労組+市民ネットワークという理念が全く違う旧態依然とした馴れ合いに強く違和感を感じた。組織を上げて動員をかけてくる相手に対し、小川陣営には組織はない。市民のボランティア、若市議の会など身を削ることを厭わない有志に支えられている。旧態依然たる古い市政に戻すのか、それとも市民とともに新しい市政に進むのか?
私を自律する言葉、義に死すとも不義に生きず、を噛み締めながら、最後まで市民に訴えていく。

 

天下り官僚の支配する古い政治に戻すのか、市民が主役の新しい政治を創るのか?

公開討論会を何度も視聴しました。また、副市長歴3年の総務省官僚と地元叩き上げ議員歴22年(最年少議長)という両者の実績を比較しました。その結果、私花見川区唯一の無所属議員の桜井たかしは、小川としゆきに、千葉市民の幸福と未来を託すことに決しました。

3月4日に最初で最後の公開討論会が開催されました

私は千葉市長選で公開討論会が開催されないことを危惧しておりましたが、先日3月4日に最初で最後の公開討論会が開催されました。ZOOMなどオンラインを使うことが、ちょっとハードルが高いなと思われている方も多いと思いますので、公開討論会のyoutubeのリンクを貼ります。どうぞ皆様の判断材料にしていただければと思います。

以下のURLからご覧ください

http://yaoitashumpei.net/chibademo2021chiba/?fbclid=IwAR2tUWLgQHm_GDNuOPMXdQ3b7OUXqZTk8avWYh4rp1gyzkQcvDEaqAWE0mg

WEB市長選の公開討論会

いよいよ千葉市では、史上初の知事選市長選のダブル選挙が、若葉区では、市議補選も含めたトリプル選挙が始まります。健全な民主主義を実現するには、各候補予定者のビジョン、政策、人となりを知ることが必須です。明日のWEB市長選の公開討論会はよい判断材料になると思います。

以下のURLからご覧ください。

https://t.co/OD1FpMxqyH

定例会が終わったらダブル選挙、若葉区はトリプル選挙が始まります

2月10日。令和3年第一回定例会が始まりました。先立って市長選立候補のため、小川議員が辞職、さらに定例会終了後、知事選立候補のため熊谷市長が辞職します。知事選、千葉市長選のW選挙は千葉県で初のこと。これによって、1億円の支出が削除されます。補選のある若葉区はトリプル選挙となります。私たちの未来を託せるリーダーを選びたいですね。また、今回からタブレット、PCの持ち込みが解禁されました。

コロナ禍で消防の出初式は中止となりましたが、動画では体感できます

新型コロナウイルス感染症の拡大により、私の所属する千葉市消防団では、歳末警戒、出初め式等が中止となりました。
YouTubeにてご紹介している動画は消防出初式で披露する予定であった。消防演技訓練の様子です。緑区方面隊が参加しています。最新鋭の消防車両の行進、消防職員、消防団員による大規模地震を想定。陸・海・空で展開され、最後は壮大な一斉放水が行われますので、是非ご覧ください。
新型コロナウィルスが、一刻も早く終息し、私も一消防団員として、地域の防災・防火に努めたいと願っております。

緊急事態宣言に伴う新型コロナウイルス感染症への対応について

1月12日、私の所属している教育未来委員会(子ども未来局、教育委員会)で緊急事態宣言発令に伴う千葉市の対応について報告を受けましたので、この場でお知らせします。

(教育委員会)
学校における対応
□小・中・特支学校→休校なし
休校となった場合は、感染状況により段階的に登校のさせ方を講じる。個別相談、分散登校日等。
保護者から感染が不安で欠席させたいと申し出があった場合は、学校長の判断で「出席停止」とする。
□学習保障→休校とした場合、また出席停止とした場合の児童生徒に対し、学習ドリル、ドリルパーク等による家庭学習に加え、ZOOM等を活用し、心のケア・学習の状況等を把握する。家庭学習用の端末(4864台)の貸与が可能。
□学校行事→修学旅行、農山村留学、修学旅行→原則中止
□市立高校、稲毛附属中→休校なし
□入試→県教委の判断を参考に対応
□部活動→高校90分以内、中学校60分以内。
土日祝日の活動なし、朝練なし、対外試合、合同練習、演奏会等はなし
社会教育施設における対応
□生涯学習センター、公民館、南部青少年センター→感染拡大防止対策を講じた上で開館、夜間貸出(18時をまたぐコマ)は休止、自習室開放は休止
□科学館、博物館、埋蔵物文化財調査センター→感染拡大防止対策を講じた上で開館
□図書館→感染拡大防止対策を講じた上で開館、自習室、読書室は利用中止、中央図書館は17時30分で閉館
□放課後子ども教室、アフタースクール→感染拡大対策を講じた上で実施 →
(子ども未来局)
□保育所→感染症対策を講じながら平常どおり開所
□子どもルーム→感染症対策を講じながら平常通り開所
□子育て関連施設 ①子ども交流館、②子供たちの森公園プレーパーク、③少年自然の家、④子育て支援館、⑤地域子育て支援センター、⑥子育てリラックス館→
感染症対策を講じながら開館(子ども交流館は18時まで)

ビジネストラックは停止すべき

自国民の基本的人権である営業の自由を制限し、移動の自粛を呼び掛けながらビジネストラックを維持するのは、国民感情と実効性にそぐわない。

今回から中、韓国等からの入国者にもPCR検査を義務付けたようだが、PCRは万全ではない。

緊急事態宣言中はビジネストラックは停止すべきだ。